郵送物なしのカードローンで家族にばれない!おすすめ紹介

カードローンの利用は家族であっても知られたくないものです。この、周りに知られたくないという声を受け、カードローンを扱う金融機関では様々な配慮をしています。

それでも周りにばれてしまうことがあり、その原因としてよくあるのが審査の時にかかってくる電話やローンカードなどの郵送物です。

カードローンが家族にばれるのは主に郵送物が原因。郵送物とは?

カードローンが家族や周りにばれる理由として多いのが、郵送物と電話です。その2つの中で、電話は最近携帯が中心になったため、工夫をすれば周りに知られずにやりとりができるのですが、郵送物に関してはうっかりしやすいものです。特に郵送物は家族にばれやすい最大の原因になります。

カードローンの利用でばれる原因になる郵送物は4つほどある

郵送物なしでカードローンの契約や利用は可能なのですが、郵送物には何があるのか内容を把握しておかないと、知らないうちに郵送物が届いて家族に見られてしまう可能性があります。まずは、郵送物を把握することが必要です。

カードローンを契約し利用していく上で発生する主な郵送物は下記のものがあります。

  • 契約書類(契約内容確認書類)
  • カードローンのカード
  • 利用明細書
  • 督促状・延滞のお知らせ

契約書類とカードローンのカードは、契約手続きが進むと一緒に送られてきます。しかし、最近ではスマホアプリを活用した借り入れや返済が増えてきていて、カードなしでも借り入れ等の取り引きができるようになりました。

そのため、カード発行をしないままの人もいます。ローンカードの発行をしないことをカードレスと表現し、アプリでやり取りする人は年々増えています。

利用明細書は、契約が済みカードローンの借り入れや返済の際に発行されます。

督促状は、まずは延滞のお知らせのハガキが届く場合など、カードローン会社により違いはありますが、返済ができずに延滞すると送られてきます。

各ードローンでは郵送物をなしにできるのは一部の金融機関だけ

家族にばれずにお金を借りるには郵送物がないカードローンがいいのですが、実際に各カードローンが郵送物なしで契約できるかどうかを調べてみると以下のようになっています。

カードローン 郵送物なし
SMBCモビット
プロミス
アコム
レイク ALSA
アイフル
三井住友銀行カードローン
みずほ銀行カードローン ×
三菱UFJ銀行バンクイック
りそな銀行スーパーローン ×
楽天銀行スーパーローン
消費者金融は、全体的に郵送物なしの方向で対応してもらえることがわかります。銀行カードローンは、自動契約機またはそれと同等の契約機がある場合は郵送物なしでの手続きが可能ですが、基本的には家への郵送物は止められないと考えてよさそうです。

三井住友銀行は自動契約機があるため、活用すれば郵送物をなしにすることは可能です。また、キャッシュカードを持っている人は、キャッシュカードでの利用も可能になっています。

みずほ銀行は、キャッシュカード兼用型ならカードの発行はないのですが、契約書類は郵送で自宅に届くことになります。

三菱UFJ銀行のバンクイックは、店舗にあるテレビ窓口が自動契約機の役割を果たすため、郵送なしでの契約も可能です。

楽天銀行は、勤務先に郵送物を送ることも可能ですが、別途自宅に犯罪収益移転防止法に基づいた文書が送付されるそうです。

消費者金融はカードローンとわからないよう封筒の社名に配慮している

大手消費者金融では、郵送物をなしにできるできない以前に、消費者金融とわからないよう差出人名が配慮した名前になっています。もし、何かしらの理由で郵送物があったとしても、基本的には消費者金融からの封書だとはわかりません。

カードローン 封筒の差出人名
SMBCモビット MCセンター
プロミス 事務センター
アコム ACサービスセンター
レイク ALSA SFセンター
アイフル AIセンター

ひと通りみるとどこも〇〇センターとなっていて、一見、大手消費者金融とわからないようにしてあります。

ただし、見慣れない差出人名を不審に思ってネットで検索をするような人が家族にいると、すぐにばれてしまう可能性はあります。また、利用したことがあるなど、元々知っていれば、やはりばれてしまうでしょう。そのような心配のある家庭では、やはり郵送物なしで契約できるカードローンがいいでしょう。

郵送物なしでカードローンを契約できるおすすめの方法は3つ

郵送物なしでカードローンを契約する方法としては、主に3つあります。この方法は、細かい違いはあるもののどのカードローンでも基本的に同じだと考えていいです。

郵送物なしで契約する方法

  • 無人店舗(自動契約機)
  • 店頭窓口
  • WEB完結申込

自動契約機は無人店舗との考え方もあり同じ店舗だとしても有人店舗と営業時間の違いもあるため、有人無人で別にしています。

自動契約機ならばその場でカードが発行されるが営業時間に注意が必要

自動契約機や店頭窓口ならば、その場でローンカードを受け取ることができます。ただし、有人店舗は営業時間が限られていたり店舗数が少なかったりするため、利用は難しいかもしれません。

無人店舗になる自動契約機の方が現実的でしょう。大手消費者金融では自動契約機の設置をしているところが多いです。

自動契約機のある大手消費者金融

カードローン 営業時間
SMBCモビット
(三井住友銀行内にあるローン契約機)
9:00~21:00
プロミス 9:00~21:00
アコム 9:00~21:00
レイクALSA 9:00~22:00
日曜日 9:00~19:00
アイフル 9:00~21:00

※店舗により時間が異なることがあります。

時間は店舗にもよりますが、即日融資を希望する場合は、営業時間ギリギリでは間に合わないかもしれないため、行く前に必要書類も含めて確認しておくと安心です。

WEB完結の申し込みでは郵送物なしを希望することを忘れないようにする

WEB完結で申し込み契約をした場合、契約書は電子書面の形で発行されるため、郵送物がなしになるだけでなく、契約書そのものも他人の目に入る機会がなくなります。紙で発行される契約書よりもさらに家族にばれにくいです。

また、WEB完結での申し込みでは、カードレスでの契約を行っている消費者金融もあります。ローンカードがない方が周りにばれにくいのですが、カードレスで契約してもカードが郵送されてくる場合もあるので、契約時はよく確認するようにしてください。

契約後も郵送物はある。止められる郵送物と止められない郵送物は

カードローンの利用中の郵送物としてあるのが、利用明細書です。

利用明細書が発行される場合

  • 振込融資があった時
  • 法により必要だと判断された時

明細書を避けるには、WEB明細書にする必要があります。契約書と同じように紙面ではなく、データで受け取る方法です。ただし、メールが届かない、会員サービス画面にログインできないなどトラブルが発生した場合は、書面が郵送される場合があります。このようなことは、よほどのことがなければ心配はありません。

ただし、規模がさほど大きくない一部の地方銀行などシステムが整っていない場合は、明細書が送られてくる可能性が大きいです。明細書を送付する銀行は定期的に送るため、都度心配しなければいけなくなります。

また、明細書以外に増額の案内やチラシ的な内容の郵送物が届くことがあります。このような郵送物は、引っ越しをしていないか、所在確認の意味も含めて送られてくるそうです。

これらは、上記で触れた銀行の方がばれやすい一因にもなります。また、銀行以外にもクレジットカード会社のカードローンなどではあることです。

心配な時は申し込み前に確認し、できれば明細書や案内が届かないカードローンを選択することをおすすめします。

延滞をすると避けられない郵送物として督促状が送られてくる

カードローンの返済が滞ると、まずは電話連絡が入ることが多いです。電話連絡もとれない場合は、郵送で督促状が送られてくることになります。これは、郵送物なしの手続きを行っていても避けられません。カードローンの利用が初めてだと督促状がピンとこない人もいるかもしれません。

督促状とは
一言で言えば、返済を催促する書面です。期日までに支払い(この場合は借入額の返済)が行われなかった時に、すみやかに支払うように伝える書状になります。似たものに催促状がありますが、一般的には督促状の方が強い働きかけとなっています。

督促状を見られてしまうと、カードローンの利用を知られるだけでなく、返済ができていないことまでばれてしまいます。もちろん、カードローンとはわからないよう配慮はありますし、延滞をしなければ督促状は送られてくることはありません。

また、実際にはいきなり督促状ではなく、延滞のお知らせのハガキが届く場合もあります。

まずは、返済を忘れると電話がかかってくるので、電話には出るようにしましょう。見覚えのない番号だからと放置していると督促状が届くことになるため、気をつけてください。家族にばれないためにも、一番大切なのは遅れのないようにしっかりと返済することです。

自分も気をつけること!郵送物以外でカードローンがばれることもある

郵送物だけでなく、家族や周りにカードローンがばれないようにするにはこのように行うようにしましょう。

  • 申し込みはWEB完結で行う
    (家族と共有のパソコンでの手続きは避ける)
  • 連絡先は携帯番号を登録する
  • 利用明細書はWEB明細書にする
  • ローンカードの発行は行わない
    (カードが必要な時は自動契約機を使う)
  • 手続は常に会員サービス画面で行い郵送物がないことを確認する
  • 借り入れや返済はATMで行い通帳に履歴を残さない
  • 住宅ローンなど大きなローンをする前に完済して解約する
  • 延滞をしないよう返済日を確認する

他にも申し込みして契約手続きを行った際には、手続き画面を見られないようにしたり、電話を聞かれないようにしたりすることも大切です。

カードレスは、カードを持たずにすむため便利なのですが、やはりローンカードが必要だと考えた時、後から発行することもできます。しかし、カードレスが可能ならばその方が安心です。

住宅ローンを組む際には、住宅ローンの審査でカードローンがばれやすくなります。このように意外なことが借金を家族にばれてしまう切っ掛けになりかねません。ここにあげたポイントに気をつけてください。

閉じる