精力減退が起きるメカニズムと改善方法

そもそも、なぜ精力が減退してしまうのでしょうか。その背景には、主に男性ホルモンが減る身体的な要因と、ストレスの増加からメンタルコントロールが難しくなる心理的な要因があるようです。

これらの要因をもとに具体的な症状を確認していきましょう。

老化

まず、加齢による老化が考えられます。男性ホルモン(テストステロン)が減少することによって、様々な老化現象が起こるでしょう。男性ホルモンが減ると、勃起不全が起こりやすくなります。

また薄毛や鬱(うつ)などの症状があり、中年男性がなりやすいといわれているビール腹も、男性ホルモンの減少によって筋力がなくなるためだといわれています。

食生活や生活習慣の乱れ

仕事で忙しく不摂生な食生活を送っている人も多いようですが、これも精力減退よ原因になるようです。しっかりと栄養バランスを考えて食事をとらない人は、ミネラルが不足しています。

特に、アルギニンは血管を正常化する成分であり、亜鉛は新陳代謝や精子の造成に役立つ成分になるため、食生活の乱れは悪影響を及ぼすでしょう。

肥満・運動不足

肥満や運動不足により、筋肉が少なくなると体の代謝が低下することは知っている人もいるでしょう。この代謝の低下は、血液の流れにも影響を与えるのです。

勃起は、血液が循環して起こる現象です。したがって血液の循環が悪くなると、勃起力も低下しやすくなるため、生活習慣病などに注意して、しっかりと身体の自己管理をすることをおすすめします。

ストレス

精神的な要因も少なくありません。仕事や悩みごとがありストレスが溜まっている状態では、セックスに集中できず精力が減退しEDになりやすいようです。

また、セックスに対して自信がないなどのコンプレックスによって、精神が不安定になった結果として、勃起不全になるケースもあります。

精力減退で起こる心身の変化

次に、精力がなくなるとどんな現象が起こってしまうのでしょうか。身体的な変化と心理的な変化をみていきましょう。

身体的特徴 心理的特徴
・ペニスが勃起しない勃起がゆるくなる
・射精に至るまでの感度が低下し、遅漏となる。
・膣挿入時の摩耗が少なくなり、快感を得られなくなる
・EDや精力減退により、セックスへの不安が増大し、さらにEDや精力減退へつながる
・性的トラウマになりセックスに魅力を感じなくなる

まず身体的には、勃起ができなくなる人が多いでしょう。また、勃起はできてもなかなか射精できなくなる 場合もあります。さらに 女性の膣に挿入しても、摩擦の感覚がなく気持ちがよいと感じない人もいるようです。

心理的には、EDや精力の減退によってセックスへのコンプレックスが増し、そのコンプレックスや不安な気持ちによってさらにEDや精力減退が悪化するという、負のスパイラルに陥ってしまうケースもあるようです。

精力減退を改善する方法

精力の減退は、男性にとっては深刻な悩み。いつまでも悩みに苦しむのは、心身共に悪影響を及ぼすため、なるべく早く改善する方法をみつけましょう。主な改善方法として、4つのポイントが考えられます。

改善方法
①ED専門医に相談する
②食生活を見直す
③自信を付けてメンタルを改善する
④不足している成分を増大サプリで補う

まず、病院に行って診察してもらうことをおすすめします。できれば内科や心療内科ではなく、EDの専門医も増えたため、ED専門医に相談をするとよいでしょう。

また、改善のために自身でできることもあります。まずは食生活を改善しましょう。特に、亜鉛が多く含まれるチーズや牡蠣、アルギニンが含まれる鰹節やエビなどを摂取すると効果的です。

性へのトラウマやプレッシャーなど心理的な要因もあるため、自信をつけたりポジティブ思考を心がけメンタルの状態を整えることも大事でしょう。

最後に、精力を促進するサプリを活用する人も増えているようです。アルギニンや亜鉛など日常生活に不足している栄養素を補う増大サプリを選ぶとよいでしょう。

マカ系・マムシ系・亜鉛系サプリの特徴

精力剤でよく耳にする成分として、マカ、マムシ、亜鉛があります。マカは栄養価が非常に高く、主要な栄養素であるアルギニンを含む、数種類のアミノ酸から、鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル、食物繊維、ビタミンなどがバランスよく含まれています。

またマムシの内臓を取り除いて、黒焼きにしたものは漢方生薬としても有名。タウリン、メチオニン、チロシン、グルタミン酸などの栄養素があります。亜鉛は、体内に約2,000mgあり、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・脳・腎臓などにある成分で、タンパク質の合成に関わる大事な要素です。

年齢別に選ぶ

年代によって、改善するためのポイントが違ってくる場合もあります。増大サプリを選ぶ際は、自分の年代に多くみられる身体や環境の特徴を考慮した上で、より効果的な成分は何かを見極める必要があるでしょう。

年齢 選び方
20代 精力の持続
30代 食生活の改善
40代 加齢の対策(アンチエイジング)

若い20代は、精力減退の心配がないかもしれませんが、実は経験の少なさにより精力が続かない人もいるようです。したがって精力が持続する効果があるものを選びましょう。

また30代は、仕事や遊びに盛んな時期のため、食生活が乱れがち。栄養バランスを整える成分が入っているものを優先的に選ぶとよいでしょう。40代以降は、やはり老化の影響が大きいため、アンチエイジング効果がある商品をおすすめします。

投稿日:

Copyright© 万葉熊本君 , 2018 All Rights Reserved.