ペニスがデカくなるチントレ大百科|俺のチンポコを見てくれ、こいつをどう思う?

マシンや自分の体重による負荷を利用して筋力アップに励むように、実はペニスもトレーニング次第で大きくなる可能性が。

ちんこのサイズは持って生まれたものと諦める前に、チントレ方法を学んで理想のサイズに近づけましょう。

ペニスに自信を持ちたいならチントレに励もう

ペニスのサイズをコンプレックスに感じながらも、身長や体格同様に生まれつきのものだから仕方がないと投げやりになってしまう人は多いもの。
もちろんペニスのサイズは生まれつきある程度決まっています。

しかしそれでも諦めきれないなら、まだやるべきことが残っているかもしれません。

実際効果があったと話題のチントレを紹介します。すでにチントレを試したことがある人も、見直しポイントがないか確認してください。

ペニスを大きくできる仕組み

ペニスを大きくするためのトレーニング方法が知りたいなら、そもそもどういう仕組みでペニスのサイズアップが狙えるのかを理解すべきです。

体の仕組みに則って、わかりやすく説明します。

男性ホルモン・テストステロンがサイズに影響する

少し難しい話になりますが、ペニスの成長にはテストステロンというホルモンの働きが重要な役割を果たしています。

テストステロンは生殖器を成熟させるほか、精子を作り出すこと、筋肉や骨の成長、ひげや陰毛の発生、声変わりなどのいわゆる男性的な特徴に大きく関わっています。

普段あまり意識する機会はなくても、実はペニスにも筋肉が走っています。テストステロンが活発に分泌されることで睾丸が直接刺激されるだけでなく、ペニスにあるBC筋という筋肉の発達が見込めるという説があります。

増大には刺激と血流改善が重要

ペニスには無数の血管が張り巡らされ、スポンジのような構造をしています。

たとえば同じビニール袋でも、空気がパンパンに詰まっている状態なら大きく感じるし、しぼんで入れば体積が小さくなるのを想像してください。

これと同様に、血流がよくなってペニスの血管が拡張すれば、はりが出て体感的にはサイズが大きくなるのを実感できるということです。

さらに、そもそも勃起というのは一時的にペニスに血液が集中することです。そのため、血流がよくなると勃起したときのサイズ感にも違いを感じられます。

また、血管というのはマッサージで直接刺激を与えると柔軟性が高くなるとも考えられています。具体的には、引っ張り(牽引)揉みほぐすことで血管が柔らかくなり、これがペニスに送り込まれる血液量の増加に繋がるということです。

チントレ方法1:ミルキング

外から刺激を与えてペニスを大きくする方法のひとつが、有名なチントレ「ミルキング」。具体的なやり方を覚えて、毎日の習慣にしましょう。

ウォームアップ:ペニスを温める

ミルキングとは牛の「乳しぼり」のことを現す。

医療の分野でも、怪我や炎症を起こしている箇所にたまった膿を出したり、尿などを排出させるために手で揉んだり専用のローラーを使ったりして取り入れられています。

ミルキングをするときは、血行の促進とペニスへの負荷を軽減するために、まずお湯や温タオルを使って温めることから始めます。

ミルキングの手順

チントレとしてのミルキングをするときは、まずは半勃起状態にしてから始めます。具体的な手順は次の通り。

  • 指をOKサインの形にして根本から順番に折り曲げ、ペニスを握る。
  • 乳しぼりの要領で、血流が逃げないようにしっかり握りこむ。
  • 血液を亀頭から絞り出すぐらいの感覚で5分〜10分程度続ける。

ミルキング時のポイントは、ペニスに適度な圧力をかけること。

根元の血液を亀頭から押し出すぐらいの圧力が目安で、それ以上に強い刺激を与えると逆にペニスを痛めてしまうこともあるので注意して。強くやればいいというものではありません。

ミルキングに適したジェルを活用

ミルキングをするときには、潤滑油としてジェルを使用してペニスへの摩擦を軽減してあげましょう。

このとき、増大効果の期待できるローションを塗り込んでからミルキングを行うと、さらなる効果が期待できる。

たとえば血流をよくしたり筋肉を発達させる成分であるシトルリンやアルギニンを配合した「ヴィトックスリキッド」などは、マッサージでの血流アップと相乗効果が狙えておすすめのリキッドです。

チントレ方法2:専用の器具を使って鍛える

筋トレにマシントレーニングがあるように、チントレも専用器具を使って効率よく取り組むこともできます。

器具には牽引タイプと吸引タイプがあるので、それぞれの違いを知って自分に合うものを選んで。

毎日つけていられるなら牽引タイプ

牽引タイプの器具は一定時間装着する必要があります。

そのため、仕事で制服に着替えたりすることがない人や、常時身に着けていることが可能な状況の人におすすめです。

たとえば牽引タイプの代表的な器具は、アンドロペニス。終日装着していても外見的にはまったく目立たず、つけている最中の違和感もほどんどありません。
歩いたり座ったりというときにも支障が出ることがないのも嬉しいポイント。

アンドロペニスで増大効果を実感したという成功例は、驚くべきことに97.5%にのぼります。

まずはペニスが太くなり、それから長さにも効果が出てくるとか。当然、一度大きくなったペニスが元に戻ってしまうこともないというのだから、ペニスに悩む男の理想そのもの。

短時間でトレーニングするなら吸引タイプ

日中ずっと装着することが難しい人や抵抗を感じる人は、1日数十分の使用でも効果が期待できる吸引タイプをおすすめします。

ペニスを覆うような器具を装着し、ポンプで空気を抜いてペニス全体に負荷をかける仕組みになっていて、自分で負荷の調整ができます。

吸引タイプで代表的なのはバスメイト

お風呂に入っている間にチントレができる画期的な器具。バスメイトを使って徐々に加圧を強めながら1週間に3回以上のチントレをすれば、数カ月後に効果を実感できるようになるといいます。

チントレ方法3:ツボ押しマッサージ

東洋医学で実績のあるツボ押しは、ペニスのサイズを大きくするのにも活用できます。

直接刺激を与えないのでペニスへの負荷も少なく、なにより長い歴史に裏打ちされた実績には大いに期待できそう。

男性ホルモンを活発にする大赫

大赫は「陰部に血が充血してくる」ことを表したツボで、男性ホルモンの分泌を促す効果があります。

また、睾丸で作られる精液の量が増え、勃起力や勃起後の硬さアップにも期待が持てます。ヘソの下、指4本分の場所から左右5ミリ程度の位置にあり、圧迫すると少し痛みを感じるので見つけやすいツボです。

入浴時に刺激するのが効果的で、人差し指と中指、薬指の3本でお腹が軽くへこむぐらいの力で押してみて。

指圧するときには息をゆっくり吐くのがポイントで、1分ぐらい押せば十分です。インポや不感症にも効果があると考えられているので、サイズ以外のことにも悩んでいる場合はまとめて解決できるかもしれない。

勃起力を高める関元

「関元」はヘソから指4本分下の中央にあるツボです。

両手の親指を揃えて、長く息を吐きながら腹筋を軽く刺激するように押すのが効果的。特に勃起力を上げてくれるツボなので、勃起時のペニスを大きくしたいなら試してみる価値がありそうです。

失敗しないツボ押しのコツ

いずれのツボも、押すときは親指の力をうまく利用するのがポイントです。

強く押すほど効果が出るわけではないので、あまり無理に力を入れず、気持ちいいと感じる程度の力加減で十分です。

また、ツボを押すときはリラックスして深呼吸をするのもポイントです。大きく鼻から息を吸って、口から長く息を吐きながらゆっくりと押すことを意識しましょう。

一般的に、体が凝っている人やストレスで疲れている人は、呼吸が浅い傾向があります。ツボを押すと同時に呼吸を深くすることを意識すると、リラックスしながらチントレができるでしょう。

増大サプリを服用してチントレの相乗効果を狙う

紹介したチントレを実践するのとあわせて増大サプリを併用すれば、さらに効率的にペニスのサイズアップが狙えます。

増大サプリでペニス増大のための栄養をとる

すでに説明した通り、ペニスの大きさは流れ込む血流の量が鍵でもあります。

つまりチントレだけでなく、血流を改善できるように栄養バランスや体内環境を整えることで、体の内側から増大をめざすことができます。

アルギニンやシトルリンなど、血流を改善する成分が含まれている増大サプリを使用するのは有効な手法のひとつ。

特に血流や筋力に影響するアミノ酸などは食事ではなかなか十分に摂取することができない栄養素でもあります。増大アプリで効率よく取り入れてチントレとの相乗効果を狙いましょう。

アルギニンやシトルリンなどを含んだサプリを選択

増大サプリにもいろいろなものがありますが、ペニブーストやヴォルスタービヨンドはおすすめの増大アプリです。

どちらもシトルリンとアルギニンの配合量が他のサプリに比べて多く、実際にwebでの口コミでも高い評価を得ています。

シトルリンはL-シトルリンとも呼ばれ、血流を増加させたり、血管を柔軟にしたりという働きがあります。スイカやゴーヤ、タマネギ、ニンニクなどに多く含まれるアミノ酸で、ペニス増大効果が期待できる注目すべき栄養素です。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を活発にします。鶏肉やマグロに多く含まれるアミノ酸の一種で、血流をよくしたり、筋力UPを促したりする働きがペニスの増大にも影響しているようです。

チントレを毎日の習慣に

チントレでペニスの増大を目指すなら、他の筋トレ同様に毎日の継続と適度な負荷が重要です。

すぐに効果が実感できなくてもあきらめず、コツコツと積み重ねていくことで徐々に変化が現れることも。

ペニスが大きくなれば自分に自信が持てるようになるだけでなく、彼女の満足度が高くなり、今以上に親密な関係になれることもあるでしょう。

ペニスへの男の探究心を考えれば、チントレが生活に与えてくれる良い影響は少なくないはずです。

継続は力なりというのはペニスを大きくしたい男にも十分にいえることチントレも増大サプリも、一朝一夕には結果が実感できるものではありません。

まずはチントレと増大サプリを毎日の習慣にして、長年のコンプレックス解消を目指しましょう。

投稿日:

Copyright© 万葉熊本君 , 2019 All Rights Reserved.