満遊くまもと 熊本市観光情報サイト

English中文???
みずと歴史が育んだまち、熊本市へ。


ホーム > エリアで選ぶ > 西区 > 石畳の道

満遊スポット [文学・芸術  / 自然・景観・公園][西区]

石畳の道

 いしだたみのみち
漱石も歩いた、竹林の中を通る石畳の道
石畳の道の画像
石畳の道
夏目漱石(なつめそうせき)の「草枕(くさまくら)」のモデルとなった、熊本市島崎(しまさき)から玉名郡天水町(たまなぐんてんすいまち)につながる当時の幹線道路。ここは現在、「草枕ハイキングコース」として整備され、多くの人が散策に訪れています。「草枕」の冒頭にある「山路を登りながらこう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。とかく人の世は住みにくい」の「山道」は、コース入口にある「鎌研坂(かまとぎざか)」のことだといわれています。また、コース途中には、「おい、と声を掛けたが返事がない」の一節で有名な「峠の茶屋」を再現した建物や、野出峠(のいでとうげ)の茶屋跡など見どころがたくさんあります。なかでも、漱石が歩いた当時の面影をほとんどそのまま残しているといわれるこの道は、竹林や石畳に笹の葉が積もり、趣きのある道として人気があります。案内板が整備されているので、初めて訪れる人でも気軽に散策ができます。
スポット・インフォメーション

スポット・インフォメーション

■住所:熊本市西区河内町
■電話番号:(096)328-2393 (熊本市観光振興課)
■駐車場情報:無
  熊本市地図情報へのリンク(新しいウィンドウで表示)
交通アクセス

交通アクセス

市内マップ
クチコミ情報・QR情報

クチコミ情報・QR情報

クチコミ情報   *最新2件を表示
■クチコミ情報No.1
ここもとても雰囲気があるスポット。ハイキングの途中、一息つけるなぁ~
 【写楽】

*他のクチコミ情報を見る