ホーム > 植木温泉

植木温泉


心ほぐしてのんびりゆったり


植木温泉とは

「熊本の奥座敷」として知られる植木温泉は合志川の清流ぞいの、のどかな田園温泉です。古くは平島温泉の名称で親しまれていました。なめらかな泉質の植木温泉は「玉の肌」と呼ばれ、岩風呂、露天風呂、うたせ湯などのお湯が楽しめます。 あの小野小町も産湯に使ったという伝説や、漂泊の俳人種田山頭火が堂守となった味取観音堂、「西南戦争」の舞台となった田原坂などがある歴史とロマンの温泉街です。


地図


荒木観光ホテル


写真


荒木観光ホテルの掛け流しの大露天風呂は圧巻です。手足をのびのび伸ばせるどころか、泳ぐことができるほどの余裕があります。毎日昼夜二回大衆演劇の公演が行われており、これも宿泊者は無料で観覧ができます。


風の湯


写真


風の湯は、バリアフリーが多く使用され、高齢者にも利用しやすい施設です。入り口には足湯ならぬ指湯があり、無料で体験することが出来ます。


今宵の湯宿 悠然


写真


田舎風景の中に佇む全8棟の露天風呂付き離れの宿です。居・食・湯とそれぞれにこだわりと魅力があり、源泉かけ流しの露天風呂は贅沢なほどに広く、ゆったりのびのびと寛ぐことができます。


旅館いろは


写真


旅館いろはは、アットホームな雰囲気が人気の旅館で家族風呂や開放感あふれる露天風呂などがあります。内風呂は3種類、手前が一番熱く、だんだんとぬるくなっています。


旅館大月苑


写真


入った瞬間落ち着く雰囲気に包まれた温泉です。各部屋には温泉が常備されており、ゆっくりと温泉を楽しむことができます。


旅館桐乃湯


写真


個室に温泉がついているため好きな時に温泉に入れることがとても魅力的です。露天風呂には開閉する屋根があるため、雨の日でも楽しむことができます。


旅館鷹の家


写真


宿泊または休憩のコースでおいしい料理を楽しむことができます。「湯良し食良し人あたたかく」をモットーに旅館を営まれています。


旅館平山


写真


館内はオレンジ色の明かりと木のあたたかさが広がっており、「和」をイメージされた落ち着いた雰囲気が漂います。


旅館松の湯


写真


やや熱めに感じ温泉は「源泉のまま」が自慢。湯質は柔らかく、湯上りの肌はしっとりします。主人の暖かさが伝わる、アットホームな宿です。


ややの湯


写真


庭園を眺めながら入浴できる露天風呂は明るく、開放的です。旅館内のお食事処では昼はランチ、夜は居酒屋として利用することができます。


旅館龍泉閣


写真


洋風な雰囲気が漂う旅館。露天風呂は木々を配置し、周りを気にせずにゆっくりと入れるよう工夫されています。 また、竹を使って作られたうたせ湯もあります。



近隣のおすすめ


小野泉水

植木にある湧水地「小野の泉水」には「小野小町」にまつわる伝説が伝えられています。小野小町の父、小野良実が現在の秋田から植木へ流罪された11年の間に生まれたのが、世にいう絶世の美人「小野小町」と言われています。小野小町が生まれた時、ここの泉水の水を産湯に使ったと伝えられることから「小野の泉水」の名前がつきました。岩の隙間や池底から湧出する水量は豊富で、古庭園の名ごりが残る池畔には、小野小町像が安置された小町堂があります。


植木スイカ

植木は日本一のスイカの名産地です。皮目まで糖度が高く、おいしいスイカが、植木から全国へ出荷されています。四季を通しておいしい植木のスイカを、ぜひ味わってください。店舗やネット販売で購入できます。


田原坂

♪雨は降る降る人馬はぬれる

 越すに越されぬ田原坂♪

 〜熊本民謡「田原坂」〜

明治の激動西南の役で、最大の激戦地となった「田原坂」は全国的に知られている史跡です。現在、史跡周辺は田原坂公園となっており、田原坂資料館では、17昼夜におよぶ壮絶な戦いで、一日の弾丸使用量は32万発といわれ、弾と弾が空中でぶつかりあった「空中かちあい弾」をはじめ、大砲模型、当時使用の銃器類、電文、錦絵など約250点を展示しています。