熊本城ホーム > 熊本城復元整備事業計画 > 熊本城復元整備計画とは?


熊本城復元整備計画


熊本城復元整備計画とは?


【基本方針】

加藤清正が築城した98ヘクタールの城郭全体を対象に、往時の姿に復元整備することを目指します。

◇歴史的建造物の復元と保存
熊本城は絵地図や古文書をはじめとする資料が多く残されており、この財産を生かして、史実に基づいた歴史的建造物の復元・保存を行うことにより、歴史遺産としての価値をさらに高めます。


◇都市の潤い空間としての環境整備
「森の都」の拠点として、また都市のオープンスペースとして、熊本城の原風景を守り育てるとともに、豊かな緑の景観を育成します。

◇サービス空間の創出
史跡としての価値に配慮しながら便益施設を充実させるとともに、歴史、文化を体験・学習できる場として整備します。


【整備計画】

計画内容が広範囲かつ多岐にわたり、また莫大な事業費を要する計画のため、城域を本丸(保存・復元ゾーン)、二の丸(緑の遊園ゾーン)、三の丸(歴史・学習体験ゾーン)、古城(観光客のエントランスゾーン)、千葉城(文化交流ゾーン)の5つのゾーンに区分し、それぞれのゾーンに見合った整備を効率的に進めます。また、計画を短期・中期・長期に分けて整備を進めることとし、短期計画としては、平成19年度に終了しています。

◇短期(第Ⅰ期)計画による復元(平成10年度~平成19年度)
本丸御殿大広間をはじめ、南大手門、戌亥櫓、未申櫓、元太鼓櫓、飯田丸五階櫓の復元を行いました。

◇熊本城第Ⅱ期復元整備計画(平成20年度~平成29年度)
築城400年祭の開催や本丸御殿の復元整備など、市民協働で取り組んできた熊本城の魅力づくりが、多くの皆様から高い評価をいただき、賑わいのあるお城に繋がりました。熊本城の次なる100年に向けて、「第Ⅱ期復元整備事業」をスタートします。
<事業の概要>
今後10年間を目処に、行幸坂から見た往時の熊本城の復元整備を図るため、「馬具櫓一帯」、「平左衛門丸の塀」、「西櫓御門及び百間櫓一帯」の区域の整備を進めます。


熊本城復元予想図の画像

熊本城復元予想図と現在の状況


<復元整備計画メニュー>