熊本城ホーム > 城内ガイド > 二の丸・三の丸ゾーン > 旧細川刑部邸


城内ガイド

二の丸・三の丸ゾーン


◆旧細川刑部邸(きゅうほそかわぎょうぶてい)


刑部邸玄関の画像

刑部邸玄関


全国有数の上級武家屋敷としての格式を持つ、熊本県指定重要文化財。

細川刑部家(ほそかわぎょうぶけ)(別名長岡刑部家)は細川家3代(肥後藩初代にあたる)忠利(ただとし)公の弟、刑部少輔興孝(ぎょうぶしょうゆうおきたか)が正保3年(1646年)に2万5千石を与えられ興したものです。

興孝は延宝6年(1678年)に子飼(こかい)にお茶屋をつくり、後に下屋敷とし、その後も造作を続け一門としての格式を整えました。刑部家は代々「刑部」か「図書(ずしょ)」を名乗り、家禄1万石で活躍しました。

明治4年(1871年)熊本城に鎮西鎮台(ちんぜいちんだい)が置かれ、城内の武家屋敷は城外に出るよう命令があり、刑部家は子飼に移り下屋敷を本邸としました。

旧細川刑部邸は建坪300坪(990平方メートル)で、蔵が付属した長屋門(ながやもん)を入ると、唐破風(からはふ)の御玄関、ついで御客間から入側造り(いりかわづくり)の表御書院(おもておんしょいん)、二階建ての「春松閣(しゅんしょうかく)」とつづき、別棟に書斎の付いた茶室「観川亭(かんせんてい)」や御宝蔵(ごほうぞう)などを備え、全国有数の上級武家屋敷としての格式をもっています。

昭和60年(1985年)に熊本県指定重要文化財に指定されています。現在の旧細川刑部邸は平成2年から4ヶ年をかけ、子飼から熊本城内三の丸(さんのまる)に移築したものです。


銀の間の画像

銀の間


箱階段の画像

箱階段


銀之間 文机・蜀台・本置の画像

銀之間 文机・蜀台・本置


利用案内

■住所:〒860-0007 熊本市中央区古京町3-1
■電話番号:(096)352-6522
■料金:高校生以上300円、小・中学生100円 30人以上の団体2割引
■入館時間:4月~10月 8時30分~17時30分 11月~3月 8時30分~16時30分
■休日:12月29日~12月31日
■駐車場情報:熊本城三の丸駐車場123台、バス5台 有料 
■特記事項:外国語対応可(英語パンフレットあり)
■熊本城頬当御門から徒歩約10分