熊本城ホーム > 城内ガイド > 天守閣・宇土櫓ゾーン

城内ガイド

天守閣・宇土櫓ゾーン


宇土櫓 首掛け石 頬当御門 天守閣 谷村計介銅像 大小天守石垣の違い 大銀杏 本丸御殿大広間 首掛け石

<天守閣・宇土櫓ゾーンのスポット>

地図上の●のついたスポット名をクリックすると情報を表示します。


◆熊本城の紹介


熊本城の画像


数々の歴史ドラマの舞台となった、日本三名城のひとつ「熊本城」

日本三名城のひとつ熊本城は、名将加藤清正(かとうきよまさ)が幾多の実戦の経験を生かし、慶長6年(1601年)から7年の歳月と、心血を注いで築城したものです。
大小天守閣をはじめ、櫓(やぐら)49、櫓門18、城門29を数え、城郭の広さは約98ha(東京ドーム21個分)、周囲約5.3kmにも及ぶ豪壮雄大な構えで、清正流石垣と呼ばれる優美な石垣と、自然の地形を巧みに利用した高度な築城技術で知られています。
詳しい情報は、スポットをご覧下さい。